節約生活、焦らず一歩ずつ

いざ、始めた節約。でもどこからどうしていいのか、そもそも節約って何なのか、
浪費家主婦の私は、戸惑いました。

 

以前の生活ペースを改めようと日々意識しても、
ちょくちょく『まぁ、いっか。このくらいなら』と浪費癖が顔を出す。

 

25日間頑張ったら、残りの5日は節約のストレスから衝動買いの鬼と化す。
少しお金が貯まったら安心しちゃうんです。結局、全部使っちゃう。。私だけ??!!

 

 

そんなこんなを繰り返していました。節約を始めて3ヶ月くらいかな。。
結局私は節約なんて出来ない、貯金なんて絶対に無理だ。

 

 

でも、ちょっと待ったーーーーー!! 
誰しも、明日から すぐに節約の達人にはなれない と思うんです。

 

 

節約の達人さん達も、最初は戸惑ったり、失敗したりしながら生活されてたと思います。

 

少しずつ、ゆっくりと、自分が出来ること・得意なことから始めてみましょう。
だんだんその生活にも慣れてくると思います。

 

 

思い返せば、節約生活を送るようになって 半年くらい経ったくらいかな?
1円がどれほど大切かということが、ようやく分かったような気がします。

 

 

節約を始めたばかりの頃は、1円2円がいかに大切なのかではなく、
今月は使わないようにしよう、とそればかり考えていました。
だから、ストレスも溜まったのだと思います。

 

 

1円がどれだけ大切かが分かれば、無駄使いする気も失せます(笑)
そして、何かに目標を持つことで節約生活への励みになります。

 

 

みーーーんな、最初から節約生活が上手に出来るわけではありませんよ♪
現在、節約生活がどうも上手くいかないな・・と思ってる方、大丈夫ですよ(*^▽^*)

 

 

浪費三昧、借金までした、こんな私でさえ、
楽しんで節約生活して、貯金もできるようになったんですもの!!←結構説得力あるでしょ?!(笑)

 

 

焦らず、ご自分のペースで根気良く続けてみてください。
必ず、『諦めずに続けていて良かった( ´∀`)』という日が来るはずです。

あなたの助けになる本を持ちましょう♪

1冊持ってると便利なものや、くじけそうな時に読んでまたやる気にさせてくれたり、
本ってすごいパワー持ってますよね(*´▽`*)

 

節約をしよう!と思いついたものの、何から手をつけていったら良いのか
そして、どうすることが節約なのか、私はとても戸惑いました。

 

母に聞いたり、友達・知人に聞いたり、インターネットで調べたりと
色々な方法で今まで「節約術」を
学んできました(実行できているのかなぁ?(;^ω^A)

 

節約の方法(豆知識?!)を知らなかった頃と今とではずいぶんな違いがあります。
お金の面はもちろんですが、生活の充実さもかなりアップしました♪

 

今は、少しずつですが今の『使わない・貯める・手作り』な生活に
慣れてきましたが、以前はもともと面倒くさがりなので、たまに節約!という気持ちを
捨ててぱぁーっと使ってしまいたい衝動におそわれる事が何度もありました。

 

 

そんな時に助けになるものが一冊の『本』でした。

 

 

私の場合 山崎えり子さんの「節約生活のススメ」でした。

 

 

節約の方法がわからなくて、とりあえず買ってみた本でしたが、
内容の充実はもちろん、その作者さんの節約への考え方も書いてあって
とても心うたれる本でした。

 

探してみると色々あるんですね?節約本って。
節約したいけど、どうしたらいいの?という方、
ぜひ『あなたの助けになる一冊』を見つけてみて下さい。

 

そして、節約以外にもお料理・お掃除などのこれは!と思うものをピックアップして
みました。ほとんど私が持ってる本の中から、おすすめの本を選んでます。

 

マークは、私のコメントです。ぜひご参考にどうぞ。参考にならないかな(笑)

節約生活って、ケチなの?

この前ね、同窓会があって参加したんです。ふと何かの話しから、その中の1人が、

 

『お風呂で使った水を、洗濯にまわしてる人もいるらしいよ!
私、そんなにケチケチしたくないな』

 

と、言ったのです。すると隣りで聞いていた友達が

 

『そうそう、私の知ってるオバちゃんはね、底値じゃないと買わない!って
宣言してたよ。ケチだよね?(笑)』

 

『・・・。』私は何も言えませんでした。私もそんな生活してるから。

 

その話しを聞いて、私はその後 盛り上がることが出来ず、そそくさと家路につきました。

 

『節約してる人はケチ!』その言葉が頭から離れませんでした。

 

 

 

そんな中、久々に超節約家の友達に会ったとき その言葉は吹っ切れました。

 

 

彼女は、結婚前からお金の管理をしっかりしていて、私の浪費癖について
何度か指摘してきたことがありました。
『お金は、あって困るものじゃないよ。貯めろとは言わないけれど、
無駄遣いだけはやめた方がいいよ。そしたら結果的に、自然とお金は貯まるから。』と。

 

 

彼女は結婚するとさらに、節約に励んでいきました。お風呂のお湯の再利用なんて
当たり前、本当にこまめに色んな節約術を駆使してて、驚きの世界です。
だんな様のお給料は、一般家庭並みで彼女は専業主婦。
立派な家を経て、ローンも繰り上げ繰上げで、この調子でいけば
あと数年で全て払い終わるそうです。よく頑張ってるなぁ。。

 

 

そんな彼女と久々にお茶した時、乗ってきたのはトヨタの新車。
持っているバッグは、最新のコーチのバッグ。服装だって、とってもオシャレ。
先日は、節約して貯めたお金で北海道に家族旅行に行った。
などなど、私には信じられませんでした。何でこんなにお金持ってるの??

 

 

しっかり締めるところを締めて、必要な時は惜しみなく出す。

 

 

『節約してるって、別に恥ずかしいことじゃないよ。
だって、思いっきり楽しむために、節約してるわけだし、
その節約だって楽しんでやれば、ゲームみたいなもんじゃん♪』

 

 

あっそっかー。楽しんで節約してるんだからいいんだ(*´▽`*)

 

 

私が同窓会での出来事を彼女に話すと、

 

『貯めようと思わないから、貯まらない。
節約はケチって思ってるのだから、貯まるはずがない。
遊びに行ってもお金の話するなんて、よっぽとお金に困ってるんじゃない?(笑)
そういう人ほど、ケチなんだよ。きっと。』 と、言いました。

 

 

そういえば、同窓会で会った友達は、『お金ないな?貯まらないなぁ』って
口々に言ってた。2次会もお金がないから・・なんて言って帰って行ったなぁ。
よく考えてみると、久々の同窓会でお金がないってつぶやく方が、悲しい事だよね。。

 

 

節約家の彼女は、貯めっぷりも半端じゃないですが、
使いっぷりも半端じゃありません(笑) 私から見れば、何しとるんじゃ?!って感じ(笑)

 

 

でも、このメリハリが、彼女の生活を充実させているのだなと思いました。

 

 

節約は、ケチじゃなくって、
生活を充実させる手段の一つ だったんですね!

 

 

彼女と居たら、本当に勉強になる。自分が何をするべきかを自然と
教えてくれる。そんな存在です。

 

 

私も節約生活をもっともっと楽しもうと思います!

節約生活、ココロにゆとりを♪

節約を始めてから、『壁』にぶつかりました。
それは、パパと私の生活意識の違い。

 

節約生活どんな出来事があったのかと言いますと・・

 

節約を始める前は、パパにお弁当を気まぐれで作ってあげる程度で
パパのお昼ごはんは、ほぼ98%はコンビニやお弁当屋さんで購入したものでした。
だからその分、毎月パパが必要な金額も相当な額でした。

 

パパが一生懸命働いて稼いだお金ですから、節約を始めたからといって
渡すお金が あまりキチキチな金額では、申し訳ないと思い 以前と同じ金額を
渡し続けていました。 残ったら、翌月にまわしてもらおうと思って。。

 

毎日朝早く起きてお弁当を作り始めた私。
出勤する時間が朝5時とか6時なので、それはもう天と地がひっくり返るくらい
慣れるまで しんどかったです(><) そして、一ヶ月過ごして
さぞパパのお金は残っているだろう(・∇・)と思っていたら、

 

ナント! お財布の中は空っぽ。

 

次の月も、その次の月も。。半年その生活は続きました。
何に使ってるんだ!!! 私はこんなに頑張ってるのに!!

 

 

半年後、ついに私の怒りは頂点に達しました!!??(ノ ̄┏Д┓ ̄)ノ ウオオォォォー!! 

 

 

お弁当作ってない頃と同じ金額渡して、毎日お弁当を持って行ってるのに、
何で全然お金が残ってないのよ(*`◇´* )ノ
これだけ頑張ってもお金残ってないんじゃ、意味無いじゃん!!

 

 

パパにその気持ちをぶつけると、マンガ本何冊も買ったり、会社の人に
コーヒーおごったり、トラックの飾りのパーツを買ったり、お金があるぶん、
気持ちが大きくなっていた・・とのこと。

 

そりゃーいいんですよ。パパの稼いだお金ですから。。いくら使ったって。。
でも、話し合ったとおり、お互い意識して貯金をしていこうと誓ったのだから、
ある程度の節約する気持ちは必要だと思うんです。

 

パパは、「あればあるだけ使ってしまうので、渡すお金を半分に減らしてくれ」と
言ってくれましたが、それでは小学生のお小使い程度になってしまう。。それは可哀想。

 

 

節約生活そして、考えた対策方法は・・

 

 

渡す金額はそのままだけど、お弁当代として500円もらう ことにしました。

 

 

これは、効果がありました! 私はそれを『つもり貯金』して、パパも昔と同様に
お弁当を買っている事になるので、ビックリするほどの贅沢は出来ないしお金も残らない。
しかし、渡しているお金はある程度 まとまった金額なので パパもストレスが少ない。
私も納得して500円渡してもらえるように、お弁当を工夫するようになった。

 

そして、つもり貯金は、急場しのぎに使ってしまうこともしばしばですが、
それでも半年に1度パパに 『頑張ってね!』の気持ちをこめて全額渡すことにしました。

 

パパはトラック運転手、トラックを飾るのは大好き。
会社の人は結構飾ってるけれど、パパのはノーマルに近いくらいシンプルなんです。
トラックのパーツはかなり高いですから、我が家の家計から捻出は無理ですし、
ガマンしてました。(ま、私が爆発するまでの半年間は、ひそかにパーツ買っていましたが・・(:: ̄ェ ̄)

 

パパは私がほぼ半年分のお弁当代を貯めていた事も、それを渡されたことも
ビックリ仰天していましたが、とても嬉しそうでした。

 

そして、後日 少しだけ煌びやかになったトラックを見せてくれました。
本当はこのお金で、旅行とか行きたかったなぁ・・・(笑)

 

誇らしげなパパでしたが、そのトラックの助手席に小さな小箱が、、

 

 

ナント! サプラーイズ!! 箱の中にはピアスが入っていました(T▽T)

 

 

毎日お弁当作りした私へのお礼だそう。。

 

 

あぁ、パパ・・あんたは いい男 だよ(T▽T)

 

 

節約生活そんな出来事があって、あらためて思ったこと。
家族との意識の違いは、多々あると思います。でも、それは仕方がないのかも。
全てを許すのではなく、少し受け入れる。相手にも強制するのではなく、
少しだけ意識して生活してもらう。それでいいんじゃないかな♪

 

私だけが頑張ってる、ガマンしてる。これが一番良くないことだと思うんです。
将来のための節約ですもの、だんな様もきっと分かってくれるはず!
そして、少し工夫するだけで こんなにうまく、スムーズに生活出来るんです。

 

私は不器用ですからガマンにガマンしたあげく、その怒りを全てぶつけてしまいましたが、
賢い方なら、もっとストレスを溜めずに、上手にだんな様と共に節約生活が送れると
思います、

 

私だけが頑張ってる・・そう思って過ごしていないで、何か工夫してみましょう!
きっとココロがスーッと、楽になりますよ♪