医療費の控除、みなさんはご存知ですか? 知っているけれど、我が家には関係ない!
なんて思っていませんか? 私もそうでした。年間10万円以上も医療費にかかるはずがない!みんな健康だもの♪ そんな気持ちで過ごした1年でしたが、私の病気、
パパの病気と重なって、あっさりと軽く10万円越えてしまいました(><)

 

 

できれば、10万円も支払わなくてはいけないほど、病院にはかかりたくないですが、
先のことは誰にも分かりません。少しでも返ってくるお金があるなら、もらった方がお得!

 

 

医療費控除の対象は、所得200万円以上に対して、10万円以上の医療費。
1年間(1/1?12/31まで)に支払った医療費が、10万円以上であると申告できます。

 

 

 

例えば、医療費を13万円支払ったとしたら、
13万円-10万円=3万円
この3万円が対象金額となり、
その数パーセントが還付されます。

 

 

数パーセント・・というのは、所得によって変化しますが、だいたい1割程度と思っておいたら良いと思います。(課税所得が330万円以内なら10%、課税所得が 330万円以上ならもう少し増えます)

 

(※)生命保険契約などで支給される入院費給付金、医療給付金や、
出産育児一時金などを差し引いた金額です。

 

医療費が30万円かかっても、契約している生命保険で25万円出ていたら、対象には
なりません。なぜなら、実費として5万円自分が支払ったことにしかならないからです。

 

 

 

医療費控除とは医療控除の対象になる医療費 (よく使われるものを書き出しています。)
・医師 または 歯科医師による治療費
・治療又は療養に必要な医薬品の購入費
・病院などに急患や怪我などで病院に運ばれる際の費用(出産時のタクシー代も可)
・あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師などによる施術費
・保健師、看護師、准看護師又は家政婦さんによる療養上の世話の対価
・妊娠と診断されてからの定期検診や検査などの費用、また、通院費用
・歯列矯正が必要と認められる場合の歯の矯正費用

 

健康増進のためのサプリメントや医薬品、癒しのためのマッサージ、美しさを求めての
歯の治療(歯列矯正など)、整形手術、などは控除の対象になりません。あくまでも、医師の診断や指示をうけて治療・購入したものが対象となります。

 

 

今年1年 健康でいられることを祈りつつ、とりあえず領収書は必ずとっておきましょう。
その領収書を分かりやすく保管しておくことをおすすめします♪
申告は、5年間を有効期限とされていますので、5年前までのものを
申告されることも可能です。

 

詳しい内容が説明されてますので、ご参考にどうぞ>>国税庁ホームページ

 

私は医療費控除は知っていても、正しい知識かどうか不安だったので
地域の税務署に電話をして聞いてみました♪ 詳しく説明してくださって
私自身もとても勉強になりましたo(*^▽^*)o